歯周病を治す

歯医者

歯医者という言葉を聞くだけで緊張してしまうという場合、子供の頃の治療が影響している可能性があります。
椅子に座って口を大きく開けて、歯のチェックをされるという経験が怖くて、その時の気持ちを大人になっても引きずっているということです。
また、歯科医に怒られた経験を持っている場合も、やはり緊張してしまう可能性があります。
たとえば、虫歯が痛くなったので診察してもらったら、どうしてこんなになるまで放っておいたと言われてしまったというケースです。
また怒られたら嫌だなと考えてしまい、結局、放置してしまう場合もあります。
しかし、最近の歯医者は患者にリラックスしてもらうということを心がけているところが多く、安心して治療を受けられます。

なぜ、以前よりも怖くない歯医者が増えているのかというと、歯科医は数が多く、患者の取り合いになっているので、サービスを心がけないと患者が減ってしまうということがあるからです。
今後、患者を威圧したり、あるいは飾りっ気がない歯科医院というのはより減っていくことでしょう。
また、出来るだけ痛くない治療を心がけていくということにもなるでしょう。
というのは、インターネットを誰でも利用するようになって、あの歯医者で親知らずを抜いてもらったけど下手で時間がかかって痛かったといったことを書き込まれてしまう場合があるからです。
なので、昔、治療されたけど痛かったのでそれから行っていない、あるいは怒られたことがあって行きたくないといった人は、歯石を取ってもらうという理由で最近の歯医者に行ってみれば、昔より雰囲気がやわらかい歯医者に驚くかもしれません。